HOME > ヘルペスに注意が必要な人

ヘルペス耐性の弱い人は要注意

衛生環境が良好になりヘルペス自身の抵抗力が強くなった

ヘルペスの抗体を持っている人は、衛生環境の向上によってだんだんと少なくなってきています。


その結果、以前なら考えられなかった症状の悪化というものが見られるようになってきています。


そんな中で、特にこのヘルペスウイルスに気をつける必要がある人は、どんな人でしょうか?


それは、新生児や乳幼児になります。


もちろん、子供達もいつかはヘルペスウイルスに感染することになるはずです。 しかし、感染する時期は非常に重要になります。


ある程度成長している段階で感染しても大きな問題はありません。


それは、体には免役能力が付いてきていますので、ウイルスが体に進入してきても免役はウイルスを攻撃し重症化に至るのを防ぐことができます。


しかし、乳幼児や新生児は、十分な免役機能が育っていませんので、通常は重症化しにくいようなウイルスでも、危険な状態になることがあります。


ですから、大人はもし口唇ヘルペスが発症してしまっている時には、なるべく小さな子供に接触しないように気をつけましょう。


特に顔と顔の接触やキスなどは絶対に避けるようにしましょう。


特に、注意が必要なのは、祖父母になります。孫が可愛くて、なかなか会えないために例えヘルペスの症状が出ていたとしても頬ずりしてしまうというケースがあります。


#
# #

2ショットチャット