HOME > ヘルペスの治療法−飲み薬

ヘルペスの薬には外用薬と内服薬があります

ヘルペスの薬は外用薬と内服薬で共通する成分もある

ヘルペスの治療には外用薬と内服薬というものがあります。


外用薬は軟膏などの塗り薬になりますが、この外用薬にも含まれている成分を内服薬として飲むこともあります。


その成分とは、アシクロビルといった成分です。このアシクロビルが含まれている内服薬が、ヘルペスには効果的なので薬を購入する予定である場合には、この成分が含まれているかどうかを確認することができます。


例えば、「ゾビラックス」「ゾコビン」といった薬が、このアシクロビルを含んでいる内服薬になります。どうぞ、成分表をご確認ください。


ゾラビックスもゾコビンのどちらも病院で処方されますが、ゾコビンの方はジェネリック系の薬になりますので、ゾラビックスよりも値段がとてもリーズナブルになっています。


この2種類の薬を1日に1,000mgを5回に分けて飲むことになりますので、食後以外にも飲むことが求められます。


もう一つは、バラシクロビルという成分が含まれている、「バルトレックス」「バルシビル」という内服薬になります。


こちらの内服薬については、1日2回で大丈夫ですが、1回に飲む量は500mlになり1日1,000mlということです。


内服薬についても、症状が出たらすぐに飲むようにすることによって、重症に至ることのないように助けてくれます。


#
# #

2ショットチャット