HOME > 性器ヘルペスの検査方法

ヘルペスの診断は難しい?

性器ヘルペスの症状がでたら早めに病院へ

自分が性器ヘルペスにかかることなど、あまり想像できないかもしれません。


性器ヘルペスは基本的には性行為によって感染してしまうという事です。個人差もありますが、ヘルペスウィルスは感染してから2週間ほどで発症してきます。


症状としては、最初に性器の部分に痒みを感じるようなことがあるようです。その他の症状としては、なんとなくヒリヒリしている、熱く感じるということもあるようです。


初期の段階ですとこのような症状が多いようですが、しばらくすると痛みを帯びるようになってきます。


このような症状が現れた時には、すぐに病院に行くようにしてください。ではどのように検査をするのでしょうか?


検査といっても、既に症状が出ていますので、検査の目的はその症状がヘルペスウィルスによるものかどうかの検査を行なうことになります。


最初の検査は、視診で目視によって症状がヘルペスによるものなのかを確認します。性器ヘルペスの場合には、同性の医師がいるような病院を探すようにしてください。


次の検査は、血液検査になります。しかし、ヘルペスは子供の時に感染している人も多いので性器ヘルペスかどうかを判断することは難しいといえます。


つまり、今回が初めてヘルペスに感染してかどうかは特定できないということです。


最後に行なう検査は、水ぶくれの検査になります。このような方法でヘルペスかどうかを検査できます。


#
# #

2ショットチャット