HOME > トップページ

ヘルペスは直接でも間接でも感染

サイトイメージ

抵抗力が弱っているならヘルペスに注意

ヘルペスは直接接触・関節接触のどちらでも感染することで知られています。特にどのような状況で感染してしまうことがあるのでしょうか?


ヘルペスは症状が出ていない時には感染を心配する必要はありませんが、一旦症状が出てしまっている時には抵抗力が弱い人に対して感染しやすくなります。


例えば、おばあちゃんがお孫さんと遊んでいる時に、頬と頬をくっつけるという場面があるかもしれません。


その時、ヘルペスの症状が出ている場合には、直接接触によってお孫さんにヘルペスウィルスがうつってしまうことになります。


特に、お子さんや赤ちゃんはヘルペスに対する免疫がないので特に感染しやすいと言えます。


では、このような状況で子供にヘルペスが感染してしまうことは悪いことなのでしょうか?


もちろん、うつらないで一生過ごすことができるならば、それが一番です。


しかし、ヘルペスは一生避けることができるようなウィルスではありませんので、子供のうちにうつってしまうというのは必ずしも悪いことではありません。


というのも一度感染してしまうことで体には免疫がつきますので、大人になってからヘルペスに感染してしまい症状が重症化することを避けることができるからです。

#
# #

2ショットチャット